事故対策委員会

委員会報告

2020.06.18

事故対策委員会は通常の事故統計の取得からハインリッヒの法則をもとに事故発生確率をもとに分析は大変に重要なことであることは言う間瀬もなく今後の課題とする。
また、事故の80%は転倒という全国統計から転倒原因を詳しく分析することにょって事故発生率を少なくすることができると思われる。

また、今後発生する事故については事件との因果関係を弁護士を含む外部委員を定めて明確sにすることを目標に頻回に開催することとする。

また、見守りカメラを全館に導入し死角のない見守りを実施する。